塩成の赤橋と堀切

c0168815_21082566.jpg

南予の政治の中心が卯之町から板嶋に移った直後1610年、佐田岬半島で一番狭いこの地を削り、瀬戸内海と宇和海を結ぶ運河を造ろうとしたのが時の宇和島藩主・富田信高。

試みるも断念したという、工事現場跡が存在するというけど400年前の痕ってホントに目で確認できるほど残っているのかね。地形が変わっているのは確認できる これか!!

それにしてもこれが上手くいってたら伊達様は来なかったのかな。

by you-zooo | 2017-04-26 00:10 | 守られている景観 | Comments(0)

ゆっくりした旅が出来ない男の旅の綴り


by you-zooo