カテゴリ:あの日あの時 天変地異( 7 )

被災はしてますが

c0168815_01161331.jpg

阿蘇は観光できないわけではありません。

通行止めの箇所も多々ありましたが主要道路は概ね開通しています。

間もなく秋色になる熊本を是非楽しんでみてください。

残念ラピュタの道は通行禁止になっているようでした。



by you-zooo | 2016-08-28 00:07 | あの日あの時 天変地異 | Comments(0)

神様再び

c0168815_00284769.jpg

まさか阿蘇神社が倒壊するなんて想像もできなかった。



by you-zooo | 2016-04-21 00:10 | あの日あの時 天変地異 | Comments(0)

普賢岳

c0168815_4103189.jpg


 


長崎県島原市の雲仙普賢岳は1991年5月から約1ヶ月ブラウン管を独占した。


5月20日火山性振動の続いた後、山頂にコブのような溶岩ドームが確認され、連日小規模噴火を繰り返し、6月3日、死者行方不明者43名となった火砕流が発生。雲仙からの道は封鎖。集落が完全に埋まってしまった。水無川の大半を埋め尽くした。地球規模の火山活動では小規模の火砕流らしいが、日本列島津々浦々まで定住している私たちにとってはがけ崩れだって被災する。ましてや溶岩が崩れてきたのである。ひとたまりもない。「島原大変肥後迷惑」と言われた寛政4年(1792)には対岸の熊本への高波も含め死者15,000人以上という災害を繰り返している土地。地球は今も生きている。プレートの縁辺にあたる日本列島。毎日のように地震も起きている。そんな島の表面に住んでいる私たち。「減災」という言葉が聴かれるようになったが、少しでも被害を軽くする準備と知識は必要である。


by you-zooo | 2007-11-30 00:10 | あの日あの時 天変地異 | Comments(0)

c0168815_4103067.jpg


 


2000106日午後1時半頃 M7.3の地震が発生。全壊149棟 半壊773棟 重軽傷137人の被害を出した地震の爪あとの一部である。米子市の隣町、南部町の墓地がほぼ完全に倒壊。壊れるのは家や道だけではない。突然やってくる地震は各所に爪痕を残す。


by you-zooo | 2007-11-25 00:10 | あの日あの時 天変地異 | Comments(5)

c0168815_4102116.jpg




平成6年8月26日以降4ヶ月間時間給水となった松山市。

映像は利水率0%となった松山市の水瓶石手川ダムである。

人口50万人の上水50%をカバーするこのダム。

人口が集中していく都市が抱える問題はどこも同じかもしれない。

水を使わない都市は無い。水は限りある資源。知ってはいるがなかなか蓄えることはできない。


by you-zooo | 2007-11-06 00:10 | あの日あの時 天変地異 | Comments(2)

土石流の痕

c0168815_4101232.jpg




050228

この映像は、災害直後ではない。

2004 新居浜は災害の年となった。

8月18日集中豪雨により東西に伸びるあらゆる道(市道・県道・国道・高速道路)が寸断される。

各所で土石流が発生。死者が出る災害となった。

その後9月29日の台風21号の直接の被害を含め1ヶ月以上災害が次々発生し市内各所が被災したのである。

現在も完全復旧していないところがある。

この映像は年明けて2月末の状況。道路の土砂は除去されていたが、その端の人家は埋没したままであった。

全国どこでも災害が起きる可能性のある島国日本。

台風が通過し、プレートの上にある陸地、そして火山の島 日本ってすごい島。


by you-zooo | 2007-10-23 00:10 | あの日あの時 天変地異 | Comments(3)

大型台風の残したもの

c0168815_410816.jpg




地元での風害写真。

最近は台風といえば大型で衰退しない大型台風が多いが、このときの台風も九州各地の屋根瓦を飛ばした。1991 9 27 台風19号?

地元でも30年以上の木が強風によって一瞬にして倒伏。

今後温暖化が進めば歴史的大型台風が間違いなく列島を直撃する。

こんな景色が当たり前になってはいけない。

緑の島日本。


by you-zooo | 2007-10-17 00:10 | あの日あの時 天変地異 | Comments(4)

ゆっくりした旅が出来ない男の旅の綴り


by you-zooo