<   2017年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

龍澤寺石の延段

c0168815_22170996.jpg

曹洞宗の古刹、城川勤務時代に幾度となく訪ねました。

ゆっくり撮ることは無かったですね、もちろんこの時も。

今も紅葉が見頃かも。

by you-zooo | 2017-11-30 00:10 | 守られている建造物 | Comments(0)

松本からのお客様 Kさん

c0168815_21215631.jpg

私が入庁直後からいろいろとご教示いただいた方なんです。

東日本と西日本の旧小学校が取り持った縁。

東日本とは言え、松本は西側。

一晩で着く距離です。今後ともよろしくお願いいたします。

by you-zooo | 2017-11-29 00:10 | ひと・ヒト・人 | Comments(0)

赤橋の朝

c0168815_00484324.jpg

夜明け前には現地にいたいと午前4時に家を出てみました。

結局毛あらしが起きず撤退。

眺望のきくところから狙っている人がぽつぽつ見えました。

今、眠いです()

by you-zooo | 2017-11-28 00:10 | あの日あの時 | Comments(0)

宇和盆地を望む

c0168815_01414684.jpg

宇和わらぐろの会会長から、最後のお願いと言われていた岩場ポイントからの盆地撮影。

この位置から多くの写真家がわらぐろの点在していた宇和盆地を撮ったという。

当時は戦後植林の木も小さく岩も目立ったんだろうと思う。

今も大岩なので木が茂っても極端に隠れない、岩の上も三脚が立てるくらいの広さは充分ある。

登るポイントが判ったので四季を撮ることも可能ですね。

現場から会長に一報入れましたよ「撮ったど~」って()

ただね、無数のわらぐろ写真のポイントと違うんですよね。まだ西側にポイントがあるみたい。

そちらのポイントが今も撮影可のポイントかは不明。でもここまで来たら見つけるしかないですね。

もしかしたら高圧鉄塔からかもしれない。

by you-zooo | 2017-11-27 00:10 | 身近な風景 | Comments(0)

守り守られ

c0168815_00264879.jpg

鳥居が目立ってた深浦。

この時間だから映えたのはあるけどね。


by you-zooo | 2017-11-26 00:10 | 旅の足跡 | Comments(0)

再び姿を見せた石垣

c0168815_00053073.jpg

シシ垣かと思い近くまで行ってみましたが元果樹園の石垣のようでした。

こうやって崩れていくんですね。

宇和海沿岸はリアス式海岸でこういう石垣がかなり残っています。

by you-zooo | 2017-11-25 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

色づく季節

c0168815_22330028.jpg

ゆっくり紅葉くらい撮りたいですよね。

昨日、買い物後寄り道して撮ってきました。

妻も最近はスマホにしてからいろいろ撮っております。

女性には私のカメラは重すぎる。

by you-zooo | 2017-11-24 00:10 | 身近な風景 | Comments(0)

堂の坂の棚田

c0168815_23493450.jpg

市内で唯一棚田百選に選ばれている棚田。

一部のコンクリートの着色畔は私は大賛成。

高齢者の重労働は百選棚田の存続の足枷になっちゃうと思うんです。

水田景観の問題や建造物群保存等を話しつくしてこそ未来が見えてくる。

大勢で守ってきた当たり前の景色だった時代は大昔の話なんですから。


by you-zooo | 2017-11-23 00:10 | 守られている景観 | Comments(0)

近代の遍路と病者を読み解くSさん

c0168815_23555798.jpg
歩き遍路の時代の病者、病回復を願い死の恐怖と自分の体力を考え一歩一歩歩んだ そんな思いを歴史学的に追っている関根さん。縁あってお会いすることになりました。

by you-zooo | 2017-11-22 00:10 | ひと・ヒト・人 | Comments(0)

環境管理

c0168815_19441752.jpg

今年91日に訪れた糸魚川の大断層見学地を訪れたときのことです。

今は落葉が進んでいる事と思いますが、ちょうどカラムシが茂って、断層が解りにくいので少し整備しますという旨の看板がでてましたが、私は断層に夢中になりパシャリしていたんですが、妻が階段を下りるのを躊躇し始めたんです。よく見るとイラの大発生。階段にも擬木にも、足元のは踏みつぶして駆除しましたが、手すりのは無理無理半端ない数が毛が飛散してしまったようで最後は私もかぶれてましたがまさか毛虫に囲まれるなんて思ってなかったんで震えちゃいましたよ。

落葉で滑ったり、排水不備でこけたり、踏み外して落下したり、自然ポイントを案内しているジオポイントはいろいろなことが想定されるんでしょうが、今回の事はトラウマになりましたね。あとから来た人が踏み殺された毛虫を見て気持ち悪くなった方がおられたらごめんなさい。

当市でもありうることだろうなと考えさせられた時となりました。

by you-zooo | 2017-11-21 00:10 | あの日あの時 | Comments(0)

ゆっくりした旅が出来ない男の旅の綴り


by you-zooo