カテゴリ:石 ころころ( 481 )

樽滝の高石垣

c0168815_00595637.jpg

市内野村の樽滝の登り口の法面に築かれた石垣。

2代目インプも10万キロ乗ったようです。

by you-zooo | 2019-02-16 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

高品位の陶石

c0168815_22024323.jpg

有田の陶石は世界でも最高品質の陶石らしい。

それも高品質で量も多かったために世界に通じる磁器に変身し一世を風靡したらしい。

妻は大陸から来た職人によって日本の美となり得た磁器にうっとり。

私はその材料の石を見てニンマリ()

by you-zooo | 2019-02-09 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

旧教会の礎石

c0168815_21535645.jpg

分教場址らしい。

住宅地から離れた位置にポツンと。

この距離感がいいんでしょうね。

by you-zooo | 2019-02-02 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

舟森の石垣

c0168815_00050950.jpg

坂の集落、舟森。

南の方は学校や教会の他、畑が展開していたようです。

by you-zooo | 2019-01-26 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

イカサ

c0168815_22333541.jpg

舟森への道標としてずっと大切に残されている巨石の道標。

道沿いの「境石」でもあります。

獣たち居住地と集落との境でもあるかもしれません。

土地利用も放牧地であったり居住区であったり、徒歩社会でも用途は明確だったようです。

これだけ道標もあるのですから、近い将来、ガイドを固定化せず安全に散策できるようするべきだと思います。

決して、今の案内が悪いとは言いませんが、上陸者の制限をできるものでもなく、例えれば名山登山に入山許可を義務化すれど、ガイドを雇ってすべて安全かという事と同じこと。安全なルート案内はGPSでもある程度できる時代、小路整備も今のままでは追いつかないかもしれません。先人が伝えてくれた「サカイ」の文字を見て感じた独り言でした。

by you-zooo | 2019-01-19 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

赤浜の波

c0168815_01181270.jpg

赤い溶岩を冷やし削り続けた波も苦戦している。

黒い岩が黒い砂になる前に、私たちは地球の片隅に骨になっている。

by you-zooo | 2019-01-12 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

蕨野の棚田の高石垣

c0168815_01390771.jpg

年末に再訪しました。

前回は石垣を登ってみましたが、今回はバス。

次の目的、有田に行くため大平地区の石垣前でパチリ。

見事な野面に日本の近代の人々の未来に託した開墾魂を感じました。

by you-zooo | 2019-01-05 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

八幡浜街道笠置峠越の石畳

c0168815_00480895.jpg

尾根が町境、宇和側はチャートの石畳、八幡浜は緑泥片岩の石畳。

画像は八幡浜側。

先人たちの努力が今私たちの安全をも助けてくれている。

by you-zooo | 2018-12-29 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

柱状褶曲の美

c0168815_01202794.jpg

蔵出し、玄武洞。

我が地がジオパークを進める前からこのブログは書いていたのに、まさか地元が「大地を自慢する町」となるなんて思ってもみなかった。

そもそも、私が石に興味を持ったのは石器素材、大昔の道具として石が加工され使われたということから。

そんな石は火山によって産れた黒曜石や安山岩が多く、全国各地に点在する。地元に産するチャートも地元で石器として使われ、町内各所の畑から発見され(発見したのも自分だけど)遺跡が存在している証(遺跡にしたのも自分だけど)でもある。

小学生の時に海の向こうの黒曜石が自分ちの畑から見つからなかったら、もしかしたらこれほど石に興味を持たず、写真も撮らず、歴史を知ろうとしなかったかもしれない。チャートを基礎石にした町並みの存在も担当にならなかったら巡らなかったかもしれない。旅は、市内に重要文化的景観に答申された地が出来たことで続きそうだ。

過去一つの偶然がある。「石灰岩とミカン畑も観光資源だ」と言いきり観光資源にと推薦した事がある。その年はジオパークとっかかりの年。私が町並みと共に文化的景観地を訪ねていて景観の報告書を入手して居なかったら私には推薦する知識すらなかっただろう。

今からも後方支援になるであろう旅を続けようと思う。

コウノトリやかまぼこ板の絵が「玄武洞」や「東尋坊」を導いてくれたように。

筋は通ってても曲がってるんだよね、人生も大地も。

by you-zooo | 2018-12-22 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

山田址発見

c0168815_01235961.jpg

戦後直後には水田だったのも遠い昔。

日本各地が米づくりを田づくりから頑張ったなんて話、誰も信じないかも。


by you-zooo | 2018-12-15 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

ゆっくりした旅が出来ない男の旅の綴り


by you-zooo
更新通知を受け取る