カテゴリ:石 ころころ( 471 )

毛利家の石垣

c0168815_02183270.jpg

地元の豊富な頁岩でしっかり基礎をつくった後に、瀬戸内の花崗岩で家屋をしっかり受けている。

昔の人って合理的で無駄が少ないんですよね。



by you-zooo | 2018-12-08 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

自然の堤

c0168815_23073440.jpg

永年の波によって現れた岩。

すごく不思議な光景でした。

by you-zooo | 2018-12-01 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

城の石垣

c0168815_23441473.jpg

今は観光客を城まで導く土地の構造物の石垣。

これからも形を維持して残っていってほしい。

by you-zooo | 2018-11-24 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

元山ん田と間伐木

c0168815_23234091.jpg

戦後、整備された水田とその後に植えられた杉檜。

ほとんどの山が間伐してもこのように切りとばされている。

過去の豪雨でも問題視されたこの状況。

今後起きるであろう豪雨で石垣も伐採木も被害拡大の原因にならないことを祈るばかり。


by you-zooo | 2018-11-17 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

軍事として掘られた穴

c0168815_23003833.jpg

砲台を岩の中に作るために掘られた洞窟が70余年経って公開されている。

この岩穴が埋まる程、空爆が起こっていたら我が国はどうなっていたのだろう。

本土決戦という事態が起こっていたら、その後何を残していたのだろうか。

by you-zooo | 2018-11-10 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

市内高地は岩だらけ

c0168815_00563666.jpg

大野ヶ原の大地を形成する石灰岩。

子供の頃に父から「昔ここは海の底だったんぞ」と教えられた。

平坦地に生まれた父にとって山間地は珍しかったんだと思う。

それを私に伝えたかったんだろうな。

南予各地に化学肥料を販売した父の後を追って石巡りしているような気がする。

それにしても当時から変わることのないこの地はいま秋色。

そして銀世界となる。

by you-zooo | 2018-11-03 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

必ず川になる

c0168815_02343105.jpg

一時は大量の土砂が堆積し、水無川になってたのに、次の大水で川らしくなっていた。


by you-zooo | 2018-10-27 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

川の近くの石垣

c0168815_01264731.jpg

今回の川の氾濫で大量の土砂が河川に流出し、川の形を変えました。

大小の礫が堆積する中、サイズ別に選別しないとこうはならないのだと改めて実感。

川に近いと言っても簡単に石垣って出来ませんね。

にしてもちっちゃい。畑だからこのサイズで良いんでしょうね。

by you-zooo | 2018-10-20 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

いわゆる「塚」ってやつですかね

c0168815_23161913.jpg

香川で見かけた塚。

墓なのか社なのか見とけばよかったよ。

by you-zooo | 2018-10-13 00:10 | 石 ころころ | Comments(4)

烏城の石垣3

c0168815_01440362.jpg

打込み接ぎになるんですかね。瀬戸内らしく花崗岩が多いんでしょうね。

いい感じの高さになってました。 えっ、登りたくなる高さですよ()


by you-zooo | 2018-10-06 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

ゆっくりした旅が出来ない男の旅の綴り


by you-zooo
更新通知を受け取る