カテゴリ:石 ころころ( 430 )

参拝への待ち階段

c0168815_00282859.jpg

今年の金毘羅参りで初めて階段下から待ちました。

100段以上ゆっくり進むなんて予定外。

石段ってそんな役目ありましたっけ()

by you-zooo | 2018-02-17 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

巨石信仰

c0168815_23034405.jpg

隣市双岩の夫婦岩。

日本人ってシンボリックな岩に縄かけるよね。

岩山から見たら大岩なんて鱗がはげたようなもの。

その鱗のようなものを特別に扱うんだよなぁ。

by you-zooo | 2018-02-10 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

教会へ向かう道

c0168815_00051074.jpg

ほぼ石垣のみが野首集落跡の証言者。

教会に続く石段が繋がりを感じさせてくれた。

by you-zooo | 2018-02-03 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

大昔からこの島には人が

c0168815_00485890.jpg

九州の佐世保や伊万里から運ばれたと思われる石が野崎の島で見つかる。

石器を使ってた時代には有人島だったと思われる島 野崎島。

後世の陶器や陶器も同じように見えるってどれだけ長い間、人が住んでたんでしょうね。
さすが国境の島嶼部。


by you-zooo | 2018-01-27 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

元畑の石垣群

c0168815_00504071.jpg
この島が有人島だった時代、この地は畑だったようでしっかりした石垣があった。
今はその畑も野生鹿の生息域。
草も彼らの食糧。

by you-zooo | 2018-01-20 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

高床式平柱小屋

c0168815_00443408.jpg

長崎県対馬にあった19世紀半ばの納屋を宮地嶽神社民家村自然広苑で見かけました。

生垣の囲いより石屋根葺きで大風に耐えようという対馬の独特の発想で考えられた建造物。

今回はこれで我慢() 絶対対馬の現場に行くぞ!!

by you-zooo | 2018-01-13 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

眼鏡岩

c0168815_23571245.jpg

佐世保で大岩の加工物を見てきました()

今は渡れない様になってますが昔はこの岩の上を歩けたようです。

(私は歩けと言われても歩きませんね)

by you-zooo | 2018-01-06 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

AT(姶良Tn火山灰)

c0168815_22225623.jpg

マンモスの近くで深堀の工事があったのでちょっといただきました。

2万年以上も前に鹿児島から降ってきた火山灰。

宇和盆地にしっかり堆積しています。

ジオバークの発想でどこか断面サンプルできないですかね。

当たり前の堆積が田んぼの下にあるのにね。

by you-zooo | 2017-12-30 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

大岩を貫く

c0168815_01594976.jpg

人類は自然の一部を加工する動物()

そんな足跡を見つけると興奮するよね()


by you-zooo | 2017-12-23 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

残った礫岩と地蔵尊

c0168815_01124755.jpg

棚田に残った大岩には縄が、大岩の上には街を見下ろすように地蔵尊が。


by you-zooo | 2017-12-16 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

ゆっくりした旅が出来ない男の旅の綴り


by you-zooo