<   2008年 12月 ( 36 )   > この月の画像一覧

小値賀 牛の塔

c0168815_18103862.jpg


 


今年は恒例にしていた年末年始の妻の実家への訪問を止め、自宅で過ごしている。


来年は丑年。このネタで閉めようと思う。


妻の実家のある小値賀島は鎌倉時代まで大近と小近の二つの島からなっていたという。その島を鎌倉時代末に平戸藩主だった松浦定公が干拓事業工事で一つの島にしたという。当然難工事。人柱も出来ず、代わりに多数の使役牛が犠牲となったという。この塔の下には6万個の経文の書かれた小石が埋葬されているという。牛は人のために働き、食べられ、乳を採られる災難な動物。もとい人のために飼われている動物。感謝、感謝。


by you-zooo | 2008-12-31 00:10 | 守られている景観 | Comments(4)

同行二人 49 浄土寺(じょうどじ)

c0168815_18103512.jpg


 


R11を楽しみながら東へ。何度も看板だけは見たことがあった浄土寺。住宅街の奥って感じかな。山門をくぐって参拝。空也上人の立像があるらしいけれど見れるわけも無く・・・・。この日はすごく天気がよく、ほんと気持ちがよかった。


by you-zooo | 2008-12-30 00:10 | 同行二人 | Comments(0)

重伝建64 温泉津

c0168815_18103493.jpg


 


041113


たぶん今は、世界文化遺産登録された「石見銀山」の一ポイントと言ったほうが飛びつきいいですね。日本語の登録訳名「石見銀山遺跡とその文化的景観」の一ポイントです。


選定の半年後に行ったみたい。中世から続いている温泉のある港町っていうからすごい。この港町っていうのが銀山の外港としての役目。一般道だと20キロくらい離れている銀山も直線にしたら10キロ程度。裏山って感じ。今では狭いところに裏の岩を削ってまでも家を建てている。温泉宿もいいけれど世界バリバリバリューにも出た代々庄屋を務めた内藤家の屋敷(外からだけ見た)は見応えがある。そして感心したのは観光の車は集落外に置くようにさせていること。山手側と浜側のPから徒歩テクテク散策。漁港の埋め立て計画も過去にはあったようですが、いろいろ守ったから今日があるって感じ。


 


 


島根 大田市温泉津 港町・温泉町 33.7ha 040706選定


by you-zooo | 2008-12-29 00:10 | 重要伝統的建造物群保存地区 | Comments(0)

歴博 調査を知る

c0168815_18103420.jpg


 


久しぶりに博物館の中の話。シルバーガイドさんがここにも居たんだけれど、クイズの答え探しをしているカップルの方に目がいった。このコーナーは埋蔵文化財の発掘調査を知ってもらうコーナー。大阪が大きな池や川だったりしていた地図と発掘調査の手順が紹介されていた。


皆さん自分の住んでいるすぐ足元の状況って知っています?意外に知らないんじゃないですか?埋め立てたのか、削ったのか。それはいつ頃か。どうやってわかったか。現代の開発って規模がすごいから、過去の調査をして記録して開発しましょうねって教えてくれます。私は知らない振りして「発掘調査ってこうやってやるんですか」ってシルバーさんに聞きました。いじめだね。ごめんなさい。←あとで誤りましたよ、「調査員したことあるって、ごめんなさい」って。


 琵琶湖博物館ではもっとマニアック(笑)な展示していたんじゃなかったかな。自分たちの社会貢献コーナー、理解してねっていいことだと思う。現地になかなか入れないですからね。


ところで、先ほどの質問。


私んち。江戸時代から最低でも屋敷は建っていたようですね、それ以前はあやしいな。中世には地名が出てくるので集落があったことは間違いないみたいだけれど、家の建っているポイントに昔建っていたかと言う証拠は今のところないですね。字 中屋敷なんだけれどね。あっこれも証拠か?


by you-zooo | 2008-12-28 00:10 | あの日あの時 | Comments(9)

火の用心

真昼間に150人ほどの参拝者の前でお寺が燃えたという。
私も消防団に間もない頃、「壁を抜け」と言われた事がある。
火は容赦なく広がっていくが、水は真っ直ぐにしかかけられない。
直接水をかけないと消えずいつまでも燃えるのである。
本堂の妻の一部を崩し放水したようだ。
懸魚も残っている程度。
年末年始 皆様も火の用心。
c0168815_9383492.gif
by you-zooo | 2008-12-27 09:38 | 日々雑感 | Comments(0)

何でロープやねん。龍光院

c0168815_18103482.jpg


 


081213


先日宇和島に父の看病の途中、四国別格霊場龍光院に参拝することにした。妻に参拝のルールを説明しながら本堂の前を廻ろうとすると足にロープが当たった。「えっ何で」「何でロープしてんねん。はぁ~」立て看板があって、火事にあったとの文。見上げてビックリ、屋根が真っ青。ブルーシートで覆われている。


今月7日護摩祈祷の飛び火がどうも原因。参拝客150人程いたところで屋根が燃え出したらしい。地元新聞を読んでいない私はそんなこと知らない。ご本尊は隣の大師堂に移されていた。久しぶりの参拝。こんなこともあるんだね。あーびっくりした。


皆様も火の始末はきちんとね。もしものために、消火器常備。早めに自動火災警報装置も付けませんか。


 


by you-zooo | 2008-12-27 00:10 | あの日あの時 | Comments(3)

博多町家ふるさと館

c0168815_18103341.jpg


 


061022


櫛田神社の正門鳥居前にある「博多町家」ふるさと館。門前の風景を少しでも再現したかったんだと思います。しかし背景には高層ビルが・・・これも仕方ない街中。展示棟、町家棟などがある。さすが奈良時代から続いている国際交流都市「博多」、町人町の文化を伝えたいって感じがよく出ててウケタ。えーん、また荷物が増えたじゃないか。くっ、確りしてるよ博多美人。財布空っぽになっちゃった。


by you-zooo | 2008-12-26 00:10 | あの日あの時 | Comments(0)

石の道具

小学生の時に自分ちの畑で大昔の生活の痕跡が拾えるって知った。
当時土器や石器が散乱していた。
ただで手に入る骨董品。拾いまくった。
それから各地の歴民を訪ね、他の遺跡を知り、石の原産地を歩くことになる。
これはあくまでも参考品。
c0168815_23165754.gif
by you-zooo | 2008-12-25 23:17 | 日々雑感 | Comments(0)

猟をしていた頃

c0168815_18103389.jpg


 


前回に引き続き石器の話。世界中が狩猟で腹を満たしていた頃。人類が道具を使って動物を食物として手にしていた頃をうまく伝えようとしていたのかな。(20世紀まで狩猟が主だった人たちもいたんだけどね)いやいや先日TVでやってた。アマゾンには文明に触れない民族がいるって。道具の発展ってここ千年位なもんだものね。それはさておき、日本も一緒、尖頭器(石槍)や弓矢(石鏃)を使っていた。でも島国日本、土器発明は早かったらしい。海のものもすぐ手に入る。結構グルメかね。おっと話がズレチマッタ。


by you-zooo | 2008-12-25 00:10 | スミソニアン | Comments(0)

蔵楽美術展

c0168815_18103383.jpg


 


050511


卯之町庄屋だった建物の蔵で現代美術展が開催された。早い者勝ちの場所取り。灯りの作品もいい場所にあったなー。こういうのはどんどんやっていただきたい。今日はイブ。メリークリスマス。


by you-zooo | 2008-12-24 00:10 | あの日あの時 | Comments(0)

ゆっくりした旅が出来ない男の旅の綴り


by you-zooo
通知を受け取る