<   2013年 07月 ( 37 )   > この月の画像一覧

直るでしょう、たぶん。

内部が少し見え始めたのでちょっと組み立て直してもらいます。
2週間は手元に戻ってきませんね。c0168815_2311136.jpg
by you-zooo | 2013-07-31 22:59 | 日々雑感 | Comments(2)

全国民カメラマン時代?

c0168815_310198.gif


 


皆さん何らかの記録機器を所持する時代になってきましたよね。


対抗してデジ一買ってる私なんかかなりの愚か者です()


サイバーショットを分割で購入後、D70の中古を買ったのが懐かしくなってきました。


画素数少ないし、低感度。


結局自分がデジタル何台持ってるか解んなくなってます() 9?10


思い出の一品ネタ復活させましょうかね。ははは、


by you-zooo | 2013-07-31 00:10 | あの日あの時 | Comments(0)

川に架かってないけれど

c0168815_3101984.jpg


 


 橋ネタで引っ張るつもりはなかったんですが()。全然詳しいわけじゃないので一先ず今回で一休。


最後は完全移設展示例です。山陽自動車道佐波川SAに憩い空間として整備された庭園に市内から移設された名物橋「枡築らんかん橋」。


大浜塩田の入川に架けられた石橋は、中央部は満潮時でも上荷船の航行が出来る構造。かつては、木製の欄干が取り付けてありましたが現在は欠失しています。復元してないということはたぶんすべて無くなってしまったということかな。塩田にはほぼ同形同大のものが9橋あったようです。枡築らんかん橋」とはこういうタイプの総称名、個々の名前は無いようですね。


三田尻浜(防府市)には入浜式塩田が築かれ、幡州赤穂につぐ全国屈指の塩の生産地だったそうです。


現地には1橋が存在。移設物件がもう一つ「三田尻塩田記念産業公園」にあるようです。


旅人に地元固有の物件を紹介するのに川まで模してSAに移設展示。こういう移設がなければ特徴有る土木遺産はめったに見れないかもしれませんね。


by you-zooo | 2013-07-30 00:10 | 旅の足跡 | Comments(0)

川を維持するために

c0168815_310192.jpg


 


ジオパークを推進する豊後大野市で指定有形文化財として残っている市内朝地町下野の中渡橋。


元々平井川の両岸の平井地区と堀家地区が結ばれている橋だった。現在は河川改修後移転し道の駅あさじの裏の河川公園に部分的に保存されている。川に架かっているものの記録的激流でもない限り崩壊は無いかもしれないが・・・移設、部分保存ってどうなのかな。家屋の移築とは違うと思うんですけれど。


 


直線化、川幅増の我が国の河川改修により上中流域の軽度の水害は減少したかもしれないが、温暖化等による記録的豪雨にはなかなか無傷とはならないようである。


 


 


橋に設置されている解説文は以下の通り


町指定有形文化財 中渡橋


平井地区と堀家地区は、平井川を挟んで南北に相対している。両地区の生活道と県道(現国道57号線)との接続は住民生活にとって重要であった。そこで堅牢な石造アーチ橋を架設し、豊肥線朝地駅の開通によって高まった時勢の重要に対応した。近年河川改修工事のため取り壊しの危機にあったところ、道の駅周辺整備事業として移築保存の道が開けたため、難をのがれた。朝地町の近代的発展を支えてきたその功労は大きなものである。(朝地町教育委員会)


by you-zooo | 2013-07-29 00:10 | 石 ころころ | Comments(0)

あれから1年

c0168815_3101968.gif


 


昨年7月九州北部の豪雨被害はいまだその爪痕を各所で見えるようです。


先日送付されてきた情報誌で7月14日に氾濫した星野川の氾濫により「ひふみよ橋」の「よ橋」の四連の宮ヶ原橋の欄干は流されたそうです。しかし大正11年の橋本体は耐え抜き無事。


橋は対岸に簡単に渡れる道、しかし時には土石流と言われる激流になった時には大量の石や木々を受け上流の水位を上げる堰となることもあります。この時もこの橋がかなりの土砂を受けたようです。


大正11年に出来た46mの石橋、幅は小ぶりなのに耐え抜き残ったんですから今後も残っていただきたいものです。


 


河川改修が直線化している時代、人工的に激流をつくっているようなもの。川の幅で調整するしかなく、次回の同様の豪雨が来たらもたないかもしれない事を十分知った上でのご提案です。やっぱり橋は現地に架かってないと橋じゃない。


by you-zooo | 2013-07-28 00:10 | 守られている景観 | Comments(2)

日替わりだからいいんです

気が向いて、いや思い出したときに食べたくなる池田屋の三里膳。
身近な食材を上手く使われております。
数に限りがあるので悪いとを思いながら電話で確認を入れさせてもらっております。
私のような五十前の男には丁度いい味、丁度いい量。
c0168815_18502392.jpg
by you-zooo | 2013-07-27 18:49 | 日々雑感 | Comments(0)

石となって残る

c0168815_3101982.jpg


 


来週は城川地質館の見学。生物が石となり残ったいわゆる化石も一杯。


石だって当時は泥や砂や灰。日本列島だって日々変化している。そんな事を教えてくれる館。


いやじゃない()


by you-zooo | 2013-07-27 00:10 | あの日あの時 | Comments(0)

女流カメラマン 池田満寿美さん

c0168815_3101883.jpg


 


地元でシャッターを切っているアマチュアカメラマンの池田満寿美さん。


今の愛機は5DⅢ、かっこいいっすよね。この日は偶然オーハウスで見かけちゃいました。


折角なので一緒に撮ったりして・・・私は800で()


by you-zooo | 2013-07-26 00:10 | ひと・ヒト・人 | Comments(2)

子規堂に学ぶ

c0168815_3101883.jpg


 


復元だと言うのに雰囲気は抜群。


さっきまで座ってたかのよう。




現在の子規堂は昭和211946)年に子規の妹律子の遺した記録図と友人柳原極堂氏の記憶に基づき、当時の居宅(子規が17歳まで暮らした家)の構造をそのまま再現したもの。


もともとは松山市湊町4丁目にあった正岡家の旧居の一部を移して建てたものから始まり、その後、昭和81933)年に焼失し昭和101935)年に再建したが戦災により又焼失している。


戦後すぐ復元されたて早六十余年。昭和23年に県の史跡指定の保護もあり、旧宅のたたずまいをよく残している。


木造が当たり前の時代の民家復元の記念堂は私にいろいろな事を教えてくれた。



 


by you-zooo | 2013-07-25 00:10 | 守られている建造物 | Comments(0)

まだまだ走れます。

c0168815_3101835.jpg


 


父が無くなって3年半。222222と揃った日。あの日から4万キロ以上走っている。


平成7年式、メンテって大変だということに・・・長距離走ったらゴム臭くなるし、エアコンの効きが悪くなるし、タイヤのサイズも珍しくなっていて取り寄せ。それでも走るんですよね。


by you-zooo | 2013-07-24 00:10 | あの日あの時 | Comments(0)

ゆっくりした旅が出来ない男の旅の綴り


by you-zooo
通知を受け取る